くせ毛を直す方法 縮毛矯正 縮毛強制 前髪

くせ毛の原因

くせ毛になる原因は現在分かっているだけでいくつか種類があります。

その代表的な原因の中から、いくつかご紹介します。


1,毛根の奇形
通常真っ直ぐなっているはずの毛根が曲がっている事。

毛根から生まれる髪の毛は、毛根が曲がっていることが原因で、本来はまっすぐ生えるはずの髪が曲がって生えてしまいます。(※下記画像参照)


[スポンサーリンク]


2,遺伝
言葉の通り遺伝です。

さらにくせ毛は優勢遺伝ですので受け継ぐ確率は高くなります。

親から子へ、クセ毛も受け継がれていくというわけです。

「父親がクセ毛で母親が直毛ならどうなるのですか?」

実は7割以上の確率でくせ毛になってしまいます。

しかし、波状毛は自分ではくせ毛と気がつかない場合があるので、実際に意識している方の割合は変わってくると思います。

また、父親がくせ毛 母親がクセ毛の場合はくせ毛になる可能性は90%を超えるそうです。

髪の色等にも優勢遺伝はあります。

黒髪と金髪の夫婦でしたら、子供は黒髪になる確率が高くなるそうです。


3,ダイエット
過剰なダイエットを行うと頭皮に栄養がいかなくなり、血行不良になる事があります。

ダイエットをすると髪は細くなり、リバウンドすると髪も太ります。

コレを繰り返すとクセ毛連球毛となってしまいます。


4,添加物や汚れによる毛穴の目詰まり
シャンプーやトリートメントに含まれている添加物、皮脂、汚れが毛穴に詰まってしまうとクセ毛になる事があります。

無添加のヘアケア製品を使用して、頭皮は清潔に保ちましょう。


5,老廃物
質の悪いシャンプーやトリートメントを使用していると頭皮がアルカリ性となり、老廃物が出なくなり髪を圧迫してクセ毛になる場合があります。

人間の体は体内は弱アルカリ、皮膚は弱酸性とする事で老廃物を外へ出します。

石鹸や石油からできている製品はアルカリ性ですので、弱酸性のアミノ酸からできているヘアケア製品を使用しましょう。



くせ毛の種類

一般的に日本人は直毛の多い民族と言われています。

しかし、一説では日本人の70%が大なり小なりくせをもっているくせ毛であると言われています。

ほとんどのくせ毛の断面は楕円形をしていて、平たい楕円になればなるほど、くせは強くなります。

また、1本の髪でも楕円の形状は均一ではなく、楕円の形状の変化が激しいほど、くせが強い傾向にある。

ここでくせ毛の種類(タイプ)を紹介しますね。図とともに見て下さい。


●波状毛タイプ
髪を伸ばすと波状(ウエーブ)にうねるくせ毛で、大きいウエーブや、小さいウエーブなど程度は様々。 髪の表面はツルツルしたものが多い。



●捻転毛タイプ
言葉の通り、髪がところどころでねじれていて、太さに均一感が無いくせ毛。

一見くせ毛のように見えない。髪のA面、B面がくるくると反転している。

波状タイプのようなウェーブでないので、一瞬クセが無いようにも見えるが、毛根部分を手で固定し、もう片方の手の親指と人差し指で髪を挟んで、その手をすっと毛先へ移動させるとプチプチとした音が出るのも捻転タイプの特徴。

髪の表面はツルツルしたものが多い。

※ 青→A面 水色→B面


●連球毛タイプ
ウズを巻き太さがバラバラの髪が連結したようなイメージのくせ毛で、手触りがごわごわし非常に切れやすい髪。縮毛矯正が不可能なタイプ。 長くのばすに途中で切れてしまうことが多い。髪の表面はゴワゴワしている。



縮毛タイプ
クセがとても強くみえるタイプ。縮れており、ねじれの細かいくせ毛で黒人に多い。らんせん状に巻いている髪もあります。断面は楕円に近いが、変形した形状が多く一部が角張ったりしている。髪の表面はツルツル、ゴワゴワがある。

くせ毛を悪化させる習慣

あなたは、くせ毛を悪化させてしまう習慣を送っていませんか?

くせ毛が強くなってしまう原因(習慣)

まずは【髪が濡れたまま睡眠をとる】ことです。

濡れ毛髪は非常に弱く繊細な状態。

そこへ寝返りでの摩擦・頭の重みによる圧迫などで髪はさらに傷んでしまうのです。

髪の長さに関係なく、髪は乾かしましょう!


次に【コーティング剤入りのシャンプー】です。

コーティング剤や添加物の入っているシャンプーやトリートメントは毛穴に付着するとくせ毛が強くなってしまうのです。

クセだけではなく、抜け毛の原因にもなってしまうので注意が必要!


更に【アイロンを使用するストレートパーマ】です。

手早くクセを目立たなくさせるのがストレートパーマと縮毛強制ですよね。

1回目は確かにキレイに伸びますが、2回3回と繰り返すと髪が傷んでしまいます。

アイロンを使うと、伸びが悪かったり、髪が傷んでバサバサになってしまいますよね。

その原因は、ストレートパーマは、髪の表面の凸凹をアイロンで溶かして伸ばします。

当然伸ばした髪はキューティクルも溶かしてしまい無くなってしまうのです。

その代わりに、コーティング剤を表面に付着させるのですが・・・時間が経つと剥がれてしまいます。

するとキューティクルのなくなった髪は、タンパク質が流れ出てバサバサした乾燥が強いくせ毛になってしまいます。

タンパク質が少なくなった傷んだ髪は、ストレートパーマもかかりにくくなります。

他にも・・・【毎日同じ位置で髪を結ぶ】【生活習慣】などがあります。

これらの事に気を付けましょう。

[スポンサーリンク]

くせ毛と静電気

《 静電気とは!? 》
静電気とは、そのまま読むと『静かな電気』と読めます。

これは、電気が帯電して物体に溜まったまま動かない電気のことをいうことから命名されたものだからです。

いわゆる静電気体質と言うものがあるようですが、これは静電気を逃がしやすい体質と、逃がしにくい体質の人のこと。

体内が弱アルカリ性で、皮膚の表面が弱酸性の状態になっている人は、体の内側と外側で電気のバランスが取れていますが、こういった人は静電気を受けにくく、体が健康な状態であると言える。

一方、日常のストレスや食生活が不安な人などは体内バランスが崩れ、体内にプラス電子が多くなります。

この結果、体内が酸性に傾くと皮膚表面はマイナス電子が多くなった状態になりる。

この状態だと静電気を逃がしにくい体質であると言えます。

このころからも、静電気とは体の健康のバロメーターともなりますので注意が必要。


《 静電気の髪への影響 》
髪に静電気が発生すると、どんな影響があるのでしょうか?

髪にとって静電気が起こる主な原因は、水分の不足・摩擦があげられる。

湿気の少ない冬場などに静電気は多く発生しますし、セーターなど毛が多い衣類だと、静電気が多く発生することは経験から感じている方は多いと思います。

また、静電気に対して髪に関係することとしては、タンパク質があげられる。

静電気で、爪にヒビが入ったなどといった話を聞いたことがあると思います。

これは爪の栄養やタンパク質が不足していることから起こる現象です。

これと同じように髪はタンパク質からできており、その表面を覆うキューティクルが静電気によって傷ついてしまいます。

この傷ついたキューティクルの隙間から、髪にとって必要な水分やアミノ酸が流れ出してしまいます。

水分が流れ出た髪は、さらに静電気を誘発しやすくなり、ささくれ立ったキューティクルは摩擦を発生しやすくなるため、さらに静電気を発生させてしまうといった悪循環に陥ってしまいます。


《 くせ毛と静電気の関係 》
くせ毛は、静電気を受けやすい髪質であると言える。

まず、くせ毛はその構造上、キューティクルが均一でなく剥がれやすいという特徴がある。

キューティクルには一定の水分を保つ役割がありますが、くせ毛はその効果が低い形状をしているを言えます。

また、くせ毛は髪と髪がお互いにうねっているため、髪の間にスペースが出来やすく乾燥しやすい状態であると言えます。

このように、くせ毛は非常に静電気の被害を受けやすい形状であると言える。


《 くせ毛の静電気対策 》
静電気の被害を受けやすいくせ毛ですが、その対策は以下のようなものが挙げられる。

1,キューティクルの保護
キューティクルを確保、修正させるようなシャンプー&トリートメントを使用します。

特にくせ毛はキューティクルが剥がれやすいため、これが重要であると言えます。


2,マイナスイオンドライヤー
マイナスイオンが髪に与える影響は、未知数であるといわれます。

しかし、様々な場所でマイナスイオンの効果が実感されています。

その結果としては、髪に潤いを与えるといった内容ですが、水分不足の髪にとって重要であると言えると思います。


3,ヘアブラシを変える
静電気の原因のひとつである摩擦。

この摩擦を減らすためには、目の粗いブラシを使用します。

くせ毛は特に目の細かいブラシだと摩擦が大きいため、静電気の発生を助長します。

最近では、くせ毛専用の静電気を除去するブラシもあります。


4,健全な生活習慣・食生活
今さらですが、これが基本的に大切なことであると思います。

くせ毛の対処法(対策)

くせ毛でも正しいケアをすれば、格段に髪は扱いやすくなります。


《くせ毛を落ち着かせる、髪の乾かし方 【 タオルドライ編】 》

① 髪全体を優しく包むように、水分を取ります

② タオルで毛先をはさみ、ポンポンと叩きます

③ 全体を優しく拭きます

※ 禁じ手 : ゴシゴシこする!


《くせ毛を落ち着かせる、髪の乾かし方 【 ドライヤー編】 》

① 髪から15cm以上離して、左右に振りながら乾かす
・ 降る速度ですが、速く振ったら慣れてる感じがして素敵です。
・ この目的は、1箇所に熱が溜まらないようにするためです。

② 風を当てる角度を考えましょう!
・ キューティクルを閉じるように、乾かすとツヤがでる為、髪の根本から毛先へ向けて風を当てます。
・ これを逆からしてしまう暴挙に出ると、ツヤのない髪になってしまいます!

③ 空いている手の使い方!
・ 片方の手でドライヤー!もう片方の手空いてますよね?この手の使い方で、仕上がりに大きく差が出ます!
1,髪の根元から、手グシを通すようにします。
2,この時、少しテンション(ひっぱる)をかけると、クセがかなり落ち着きます。
3,この繰り返しで、最後にブラシで仕上げます。

※ コツ : 毛の流れを考えて、乾かすと良いですよ!


《こんなくせ毛用シャンプーには要注意! 》

世の中に出回っている“くせ毛シャンプー”には、美容室で使用するストレートパーマ液を混ぜた物も存在します。

確かにクセは落ち着きますが、髪が痛んでパサパサになりますので注意が必要です。


《湿気対策 》

梅雨時や、機構の違う国へ出かけたりする時には、いつものケアではクセの収まりが悪いかもしれません。

そんな時は、無添加のスタイリングローションを、スタイリング前に髪に塗布して下さい。

湿気によるクセの広がりを抑えてくれます。


マイナスイオンドライヤー

マイナスイオンドライヤー を使用した事はございますか?

科学的に解明されている訳ではございませんが、使ってみると髪の落ち着きを実感される事と思います。

ブローが苦手な方は、ドライヤーとブラシが一体型の物を使用すると、楽にスタイリングができますのでお試し下さい。


前髪のくせ毛対策

前髪にくせ毛がある人は、寝る前に髪の毛の手入れをしても、翌朝起きてみるとボサボサの頭になっていて、まさに「頭に来る」ことが多いようです。

前髪のくせ毛の大半は、生まれながらの『捻転髪』と言われてますので、強いくせ毛で、前髪を含めた全体のヘアースタイルに苦労させてると思います。

くせ毛対策には・・・
① 現在生えているくせ毛には、縮毛矯正・イオンストレートアイロン・くせ毛改善シャンプー・マイナスイオンドライヤー などを利用したり、静電気の発生を予防する。

② これから生えてくる髪には、石鹸シャンプー・毛穴汚れの防止・食生活改善を心がける。などがあげられます。

しかし、前髪のくせ毛は強力ですので、一筋縄ではいきません。

やはり縮毛矯正を行なうのが、一番適切な対策と思われます。

前髪のくせ毛が毎日のようにもたらす煩わしさから解放され、時間的な余裕もできます。

前髪のくせ毛を対象とした部分縮毛矯正もあるようです。

市販の縮毛矯正剤を購入して自分で矯正する方法もありますが、市販の薬液は薄いので十分満足する効果は得られないようです。

満足が得られないので、何回も繰り返し行なうとくせ毛の前髪や全体の毛髪を痛める可能性もあります。

前髪のくせ毛の特徴を生かしたヘアースタイルを考案しても納得がいかない時は、評判の高いサロンを見つけて、前髪の部分矯正について相談されると良いでしょう。

男の縮毛矯正

チリチリ、クルクル。

そんな天然パーマに悩んでいるのは何も女性だけではありません。

男性でも、癖が強く思い通りにならない天然パーマにうんざりしている人は多いのです。

「真っ直ぐにできれば、朝のセットも楽なのに」

そんな天然パーマたちの悩みを解決してくれるのが、縮毛矯正。

縮毛矯正をすれば天然パーマもサラサラストレートヘアーに早変わり。

「でも、男でも縮毛矯正ってかけられるの?」

美容院へ行ってもかけているのは皆女性ばかりだし…。

とこのように不安に思っている男性もいることでしょう。

そこで今回は男性の縮毛矯正についてご紹介します。


男の縮毛矯正

男性の縮毛矯正は理髪店などでかけることができます。

ただ、注意して欲しいのは髪の毛全体に縮毛矯正をかけてしまうと、今流行りの動きのあるヘアスタイルにはできなくなってしまうことです。

「天パをなくして、流行りのかっこいい髪型にしたい!」

というのであれば、全体にかけるのではなく前髪や襟足、もみあげなど癖がひどいところを部分的に縮毛矯正をかけた方が良いですよ。

これでようやく天然パーマの悩みから開放されますね。


男の縮毛矯正の費用

「縮毛矯正っていくらくらいするの?」

費用、気になりますよね。

縮毛矯正の費用は全体で15000円程かかるので、決して安くはありませんが前髪だけなら3000円くらいでやってくれるところが多いです。

これくらいの値段なら学生でも「縮毛矯正したい!」と思ったときにすぐかけることができますね。

天然パーマのせいで全然楽しめなかったヘアスタイル。

でも、縮毛矯正のおかげでもう変幻自在。

流行りのヘアスタイルにもチャレンジしてどんどんオシャレを楽しんじゃいましょう。


ストパーと縮毛矯正の違いその1

ストレートパーマ。

縮毛矯正。

一体何が違うのかあなたは知っていますか?

「ただ名前が違うだけなんじゃないの?」

そう思っている人が多いかもしれませんね。

実は、ストレートパーマと縮毛矯正は全然別物なんです。

ストレートパーマと縮毛矯正の違いについてご紹介します。


ストレートパーマと縮毛矯正の違いって?

ストレートパーマと縮毛矯正、どちらも髪を真っ直ぐにする効果があります。

しかし、ストレートパーマは縮毛矯正と違いくせっ毛を真っ直ぐにする効果はありません。

ストレートパーマという名前なのにくせっ毛を真っ直ぐにできないとはどういうことなのでしょうか?

実は、ストレートパーマはパーマをかけた直毛の人が髪を元に戻すときに使うものなんです。

パーマを元に戻す効果はあっても生まれつきのくせっ毛を真っ直ぐにするほど強力な効果はありません。

逆に縮毛矯正はくせっ毛を半永久的に真っ直ぐにしてくれます。

このように、似ているようでまったく違うストレートパーマと縮毛矯正。

この違いを知らないと、「くせっ毛を真っ直ぐにしたい」とストレートパーマをかける間違いを犯してしまうかもしれません。

真っ直ぐにはできないし、髪は痛むし、散々です。

こんな損をしないためにも、この2つの違いについて知っておくことは大切です。

「直毛にしたいんだけど、ストレートパーマと縮毛矯正どっちかけたらいいの?」

とお困りのあなた。

迷わず縮毛矯正を選んでください。

これであなたのクルクルくせっ毛もサラサラなストレートヘアに大変身!

ストパーと縮毛矯正の違いその2

クルクルの天然パーマって髪の毛のセットが大変ですよね。

私も毎朝鏡の前で悪戦苦闘しています。

ぴょんぴょん変な方向にハネるし、左右対称にはなってくれないし…。

雨の日なんてもう最悪です。

髪の毛が広がっちゃってセットどころではありません。

「ストレートヘアの人はいいなぁ」

心の底からそう思います。

でも、そんな私みたいな天然パーマの人でもストレートになれる方法があります。

それが縮毛矯正です。


縮毛矯正とは?

天然パーマってどうしてあんなに髪の毛がクルクルになってしまうのか知っていますか?

それは毛穴が歪に捩れているからなんです。

毛穴が捩れていると生えてくる髪の毛も捩れてしまいます。

逆に髪が真っ直ぐな人は毛穴が丸くほとんど捩れていないため、変な方向に跳ねることもなく手ぐしだけで簡単に整えることができます。

毎朝ヘアセットに苦労している身としてこれは羨ましい限りです。

縮毛矯正はそんな捩れた天然パーマの人の髪を、薬品や熱を使ってストレートヘアの人と同じような捩れのない髪に整えます。

「これは便利!」

これで湿気の日もブルーな気分にならなくてすみますね!

でも、ひとつ注意して欲しいことがあります。

縮毛矯正は捩れている髪を強引に真っ直ぐに伸ばすので、髪にとても負担がかかります。

枝毛や切れ毛の原因になってしまうので、縮毛矯正をした後はトリートメントなどでアフターケアするようにしましょう。

自分で良さそうなのを探すのもいいですが、美容師さんにオススメを聞いてみると良いですよ。

美容師さんはプロなので、あなたの髪質なども考慮した上でオススメを紹介してくれます。

アフターケアもしっかりとして、憧れのストレートヘアを手に入れましょう!


[スポンサーリンク]

↑ PAGE TOP